グラベルロードの火付け役はやっぱり…

2012年にYOUTUBEなどで発表されたビデオでしょう。

トライアルやMTBをやってる方なら知らない人もいないかと思いますが

Martyn ashtonの“Road Bike Party”シリーズでしょう。

現代のカーボンロードとカーボンホイールの強靭さに驚くのはもちろんのこと、

イギリスのMTB・トライアルの層の厚さに鳥肌が立ちました!

WD40の宣伝が露骨なのはご愛敬ですw

Road bike party 2には今や魅せるライドでは世界NO.1のDanny MacAskillも出ていますね。

その技量はベテランのMartyn Ashtonのそれを超えてノーズウィリーでフェイキー やお得意のジムボールでフロントフリップ等とても楽しませてくれました。

ですが、ここでMartyn氏が同作品の撮影中の事故で下半身不随になる大怪我を負ってしまい衝撃的なニュースでした。

続くRoad Bike Party3ではスロープスタイルで活躍してるイギリスのライダーでダートトレイル・パークを中心としたビデオに路線変更

これがまたMTBにも負けないキャニオンでフリップやパークライドを魅せてくれています。

ここまでイギリスのトップライダー達が身体を張って世界のサイクリストに向けて

「技術が有れば楽しむためならバイクは何でも良いんだよ?」

と表現してくれたらもうイチMTBerとしては無視できなかったのです。

だからこそのMERIDA SILEX!

ビデオを見てて気づいてる方も多いと思いますが、ハンドルはコラムスペーサーを目いっぱい入れて高く、サドルはベタ下げで無理してるんですw

そんなことを思って自転車屋のスタッフに聞いたら

「2018のMERIDAには良いモノあります!」

調べたらロングフロントセンター、ロングヘッドチューブ、と言うまるでMTBerのために作られたかのようなジオメトリだったのです。

長くなったので詳細はまた後日…

クリアランスセール商品が更に2000円引きのバウチャー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中